【ISILの人質事件と日本人の思考力の壁】

  • 2015.02.02 Monday
  • 03:01


ISILに拘束されていた後藤さんの殺害が明らかになった。夕べ後藤さんの友人という浅田元県議とその話をしたばかりだった。亡くなった湯川さん後藤さんとそのご家族には心から哀悼の意を表したい。

しかし、今回の事件はマスコミが連日報道し様々な意見が飛び交う中、「日本人の思考力の壁」を感じずには居られなかった。

今回の人質事件に関する国内の動きで、もっともおぞましかったのはサヨクと目される人達の主張と行動だった。「人質2名を救出するために人道支援を停止せよ」「人質を助けるために安倍の首を差し出せ」と、もはや違った次元の主張に酔いしれ、赤い服を来て国会前で乱舞するオーマイガットな展開にはバズーカ砲を打ち込みたくなるような感情に襲われた。

今回の事件を利用して安倍総理の首を狩ろうとした国会議員やサヨク活動家には、人としての大切なモノが欠落しているということを強く指摘しておきたい。

一方、「自己責任」で全てを終わらせようとする論調にも違和感を感じている。
確かに自己責任であるのは間違いないが、現代の日本人が「危険」と言うものに対しての判断基準がいかに不足しているかを証明した事例であり、今までそのような危機に対する備えを全く醸成してこなかった事が大きな原因の一つでもあると感じている。

起きてしまった現象に対してどこか他人ごとのような感覚をも感じるのである。

後藤さん殺害以降、マスコミは繰り返しこの問題を報道し、徐々に事件の本質を偏向していくことは容易に想像できる。すでに後藤さんが湯川さんを救いに行った立派な人であったという報道も見受けられるが果たしてそうだろうか?

私達はそのようにして作られる「思考の壁」を打破出来るだけの深い見識と確固たる信念を持ち続けなければならない。

「国際社会においての熾烈な弱肉強食の構図は昔と何も変わっていない事実」をしっかりと認識し、備えを怠ってはならないのである。

【第13回 年忘れ 南京大虐殺生存者長崎証言集会】

  • 2014.12.11 Thursday
  • 12:38


明日12/12 岡まさはる記念館の主催で、年末恒例の南京大虐殺
証言者集会が開かれます。今年は広報が遅いですねー。
何か意図があるのでしょうか?来て欲しくない人がいるとか?www

昨年と同じ証人がまた同じ話をしに来ます。
長生きされることは良いことです。w

昨年の証言でこの方は「南京大虐殺の前日に揚子江対岸に逃げて、
2年後に南京に戻ったので虐殺現場は見ていない。」と証言してい
ます。これは証言ではなく「自白」ともいいます。

また火を付けたところも、日本軍ではなく蒋介石軍による仕業と
判明しております。

随行した研究員により、35万人という数字が示されておりますが、
今年はまた何万人か増えるのでしょうか?来年は抗日70周年という
ことで、より一掃の力が入りそうで楽しみです。

昨年の様子
http://w-shikishima.jugem.jp/?eid=134

これは我国と特アとの「歴史戦」なのです。一瞬の油断もして
はなりません。私は斥候として敵の手の内を知るために
できるだけ参加するようにしていますが、今年は入場拒否されそうな

雰囲気です。♬ もしかして効いてる?


http://okamuseum.seesaa.net/article/387995316.html

「ヘイトスピーチを乗り越える−差別とどう向き合うか-」辛淑玉氏講演会

  • 2014.12.09 Tuesday
  • 01:07

FBFから教えてもらった辛淑玉氏の講演会

ヘイトスピーチをのりこえる-差別とどう向き合うか」に参加してきた。

講演会は彼女が「吐き気がする映像」として在特会の映像を延々と流す
ことから
始まった。いかに在特会のヘイトにより、在日がその被害に
あっているかを印象
づけるためであろう。

しかし、ほんとにヘイトデモの恐ろしさ、おぞましさを伝えるなら
犬の首を並べ、
生きたキジを殺して、豚の四肢をしばり生きたまま腹を
切り裂く。
そして特定の国家の国旗に火をつける本場韓国のデモの映像
のほうがもっと効果的
に思えるのだがそれはしないらしい・・・。


「今年1年で365回のヘイトデモを確認。沖縄は数に含まれていない。

沖縄はもっと数え切らないほどのヘイトデモが行われている。」という。

沖縄の人に聞く限り「米軍へのヘイトデモのこと言ってるんじゃない?」
という返事が帰ってきた。
そのデモは辛淑玉氏のお仲間である左派系の

プロ市民がお金をもらって行っているという疑惑のデモである。

また、「レイシストたちは大きなデモができなくなると5人とか10人

とかに分かれて、ロシア人街や中華街、そして昔であるところの母子寮、

いまでいう少し困難な人達が入っている都営住宅に行って、”慰安婦!”

って言っている連中がいる」らしい・・・。

そのようなことは初耳である。この様な行為をする人間がどのような人間

であるかを分析解明することもなく「レイシスト」とレッテルを貼っている。

在日の得意技「自作自演」という事も考えられる。前科があるから彼らには

反論はできない。

日本広告大賞を受賞した作品を題材に「鬼の子の立場からしてみれば、
鬼の子の親を
殺した桃太郎はけしからん。」という。しかし、そもそも

が童話である。鬼が何をやったかの記述はないが、鬼の子の設定もない。

物語には桃太郎は鬼を懲らしめたとあり、殺したとは書いていない。

次に彼女は「お供の犬、猿、雉はきびだんご一つで鬼との殺し合いを

させられた。」という。 また「取ってきた宝はももたろうとおじいさん

おばあさんが独占した。お供には何一つ与えなかった」というが、

そのような記述は童話の中には無く、すべて彼女の妄想である。 

この桃太郎はよくディベートで使用される題材であるが、あくまで

フィクションであり、ディベート相手がいない状況で勝手な場面設定は

あまりに一方的で不公平。そしてこれを人類の歴史だと断ずることも

あまりに突飛すぎる意見である。

彼女の講演では、明らかな間違いや、問題のすり替え、勝手な解釈の押し付け

などが見られる。まぁそれをさらっと平気でやるから評論家として飯を食って

いけているのだろうが、元々の表題から大きくずれ、選挙期間中に立候補中の

現役政治家の名前を上げつつ、 現政府が進める集団的自衛権の整備や秘密保護法

を否定する発言が目立つ。

また「政治家のお墨付きを得てヘイトスピーチが行われている。」という発言も
行うなど事実誤認も甚だしい。「世論が政治家の言動を左右するのだ。政治家が
発言して世論を作るのではない。」と講義しておいた。

しかし、それをバカな日本人が「ふぅ〜ん」「ははぁ〜ん」「ウンウン」

と聞いてメモしているのだ。背筋がぞっとした。



 

さて、講演終了後、参加者から寄せられた「ヘイトスピーチの定義とは何か?」
という
質疑の回答中、彼女の話はついに私の琴線に触れる。

「私は、韓国籍ではあるけれど韓国人ではない。国家を背負うという話はお互い
にやめ
よう。私は日本の中で戦後処理ができなかった上で、少数者とされた朝鮮人
・在日であ
る。私達に帰れ!といっても帰るとこなんて無い。」

その瞬間「なんで?」と問いかけた。(会場がざわめく)

「どこに帰れというの?」

「韓国に帰ればいいじゃないですか?(ざわざわ)

 当時帰った人もいますよね?でも、帰らなかったのはあなた方の

 選択でしょ?それは日本のほうが過ごしやすかったし、戦争もあ

 ってたからという背景もあったんじゃないですか?」

「それに対して言うならば、人間は生活の基盤のある所で生きて

 ゆくもの。それに、あなたは言葉がわからないのに、帰れと言われ

 て帰りますか?」

「言葉は本人が民族の言葉を学ぶ姿勢があるかどうかの問題でしょ?

 私が外国にいる日本人だったら、日本語を学びますよ。民族性の

 問題だし。だけど、民族性を強調しながらも自らの祖国の言葉を

 学ばずにいて、言葉がわからないから帰れないというのは、

 本人の甘えじゃないですか?」

「それじゃ朝鮮語を学ぶ環境はどこにありましたか?」

「朝鮮学校」

「国内に幾つありましたか?」

「学ぼうと思えば、親から学べたんじゃないですか?」

「一世は日本語と朝鮮語のちゃんぽんだし、朝から晩まで働いていたら

 学ぶ時間もない。」

「時間がないというのは個人の家庭の問題ですし、それでも学ぼうと

 思えば学べたんじゃないですか?そんなこと言い出したらキリがない。」

「結局あなたが言うことは、人間が生きることに対する想像力の欠落

 です。」

「  えっ? (;一_一)  」

「日本は生地主義ではないから、ここで生まれても親が外国籍なら外国

 人のままです。その人達から一切の市民権を奪った状態で帰れといっ

 てどこに帰るところがありますか?」

 (※奪ってはいないです。外国人だから付与されないだけ)

「帰化ってありますね。それらの不満を持っているならなぜ帰化しない

 のですか?」

「帰化には条件があります。家土地建物がないとダメ、家族単位でない

 とダメ。5年間駐車違反さえ犯してはダメなんです。」

 (↑これは誤った認識です。)

「それは、どこの国にもある条件の基準じゃないですか?」

「どこの国でもじゃない」


  (↑どこの国でも帰化の条件はあります。)

この後、質問をした方に悪かったので、私はここらで収めましたが、

日本は国連の勧告を守っていないとか、あなたはの生き方と他人の

生き方は違う。そのような生き方ができない方に寄り添うべきだ。

などもっともらしいことを言われました。www

質問の

   「ヘイトの定義とは何か?」

   「朴大統領の発言1000年許さない発言はヘイトではないのか?」

という質疑に関しては、

「ヘイトとはそこに歴史性があるかどうかである。」

「朴大統領の発言はヘイトではなく不快発言である」

とのことでしたが質問者は納得されていないようでした。

終わったあとも、しばらく話をしましたが、個人的なことなので

ここでは触れずにおきます。最後にハグされました。

今回、この選挙時期に政治集会ともとれる内容の講演会を長崎県の
人権擁護課の主催で行われたことは大きな問題である。
長崎県人権擁護課は税金を使ってこのような講演会を主催したという
大きなミスを犯した。

本来、外国人である在日朝鮮人は、我国の政治や選挙に対して公の場で
発言することは許されないのだ。

そこのところは「差別ではなく区別である」とすべての日本人が信念を

持って一線を引かなければならない。

【アイヌの定義とは何か?】

  • 2014.09.30 Tuesday
  • 14:05

九州の片田舎、飯塚の図書館に「アイヌ相談室」のポスターが掲げてあった。
匿名でも相談を受け付けるなど「アイヌの人は名乗り出て下さい」的なポス
ターの内容を批判したところ、「嘘つき」と言われたので(笑)実際に電話
してみた。


☆アイヌ相談電話①
Q「あのーアイヌの定義って何ですか?」
A「民族的な踊りが踊れるとか、歌が歌えるとか、先祖がアイヌだとか・・・。」

Q「祖先がアイヌであったという証拠は?戸籍とか?」
A「明治以降、戸籍にはアイヌだとか書かれていない。アイヌは名前も
 変えられ、言葉も喋れなくなるなど差別を受けた。」

Q「じゃどうやって先祖がアイヌだってわかるのか?」
A「アイヌ協会が認定する。」

Q「アイヌ協会がアイヌと認定する定義は?」
A「コチラではわからないから調べてみる」



☆アイヌ相談電話編②
しばらくして別の人から電話が掛かってきた。

「我々は厚生労働省から依頼をうけているNPO団体であり、質問にお答え
 する立場も権限もないので答えられない。」

Q「はーNPO団体?無償でやってるの?」
A「いや、補助金をもらっている。」

Q「年間予算は?」
A「お答えできない。」

Q「相談員がアイヌの定義もわからず、しかも匿名で相談を受けることは
 無駄だとは思わないか?」
A「我々は国の方針に従っているだけ」

Q「どこからの指示?予算はどこからおりてるの?」
A「厚生労働省社会養護局地域福祉課」

「電話かけます」

 

☆厚生労働省社会養護局地域福祉課編
Q「アイヌの定義は?」
A「私どもではよくわからない。アイヌ認定はアイヌ協会が行っている。」

Q「アイヌ相談電話、定義もできない人が匿名で相談受け付けてもなんにも
 ならない。税金の垂れ流し、利権じゃないのか?いくら払ってる?」
A「お答えできない」

「それならば情報開示請求するしかないですね。」

 

☆アイヌ協会編
Q「アイヌの定義とは?」
A「アイヌ協会員になれる条件はある。
 ①アイヌの血を引いてること。
 ②アイヌの家の養子になること。
 ③アイヌの配偶者。
 しかし様々な決まり事があり、例えば②の養子の例では一代限り。
 ③の例では配偶者は協会には入れるがアイヌではない。協会員=アイヌ
 ではない。」

Q「血筋などどうやって調べる?」
A「壬申戸籍でアイヌの名前は消えているので、除籍謄本、原戸籍(はら
 こせき)などで遡る。あとは証言だったり、住んでいた場所であったり。」

Q「アイヌの様々な助成金の申請に関して認定するのは?」
A「申請があっても厚生労働省ではわからないので、アイヌ協会に照会が来る。
 アイヌ協会が認定して助成金などが降りる。」

Q「アイヌは日本人?それとも独立した民族?」
A「日本人としての自覚もある。アイヌとしての自覚もある。」

Q「壬申戸籍で日本人と同じ権利は与えられたはずだが、何か差別を受けてき
 たのか?」
A「アイヌはいろんな差別を受けてきた。言葉が喋れないとか、計算ができない
 とか・・・。」

Q「差別という言葉は、恣意的な言葉で本人が感じれば差別になり、感じなけれ
 ばそうではない。今は差別をうけているか?」
A「今は差別は受けてない。」

Q「壬申戸籍が施工された時には差別的な待遇もあったかもしれないが、それは
 150年以上前のこと。我々からすれば、なぜアイヌだけ日本人の権利に加えて、
 補助金が出るのか不思議。逆差別と言われてもしかたがないんじゃないか?」
A「あー(そういわれれば・・・という反応)」

Q「今、アイヌが在日団体や部落解放同盟などと密接につながっているという胡散
 臭い噂が蔓延している。」
A「それは承知している。WEB上ではあることないこと言われているので丁寧に
 説明することを心がけている。」

等のやりとりを行った。アイヌ協会に関しては、なんとかアイヌの文化を伝えて
いこうとする意気込みが伝わってきたことは確かだが、結局、「アイヌの定義」
という肝心の答えは得られなかった。

厚生労働省以下、なんともお粗末な状態で補助金の交付が行われている姿は
「税金の無駄使い=利権」の何者でもないと感じる次第である。

私はアイヌの文化というものは積極的に伝えていくべきだと思うが、もし、差別を
助長して新たな権利と利権を得ようとする在日や解放同盟等の団体とのつながりが
あるのだったら、アイヌ文化自体が胡散臭いものになってしまうのではないか?
と危惧する。

いや、ほぼ確実にそういう団体との繋がりは存在するだろう。アイヌ民族単独で、
こうも上手く助成金や理権を手にすることはできないと思うからだ。

アイヌが受けてきた差別とはいかなるものなのか?名前を奪われたというのは本当
なのか?一方的な搾取だったのか?など諸説あるが、アイヌという狩猟民族が、
大和民族に侵食され飲み込まれていく中で、文字を持たなかったがゆえにアイヌの
名前を忘れ言葉を忘れ、アイデンティティが薄れていったのは致し方ないことだと
思う。

しかし添付する資料を見る限り、一方的な施策ばかりではなかったようにも感じる
のは私だけだろうか?

「アイヌ名を名乗ることは許された」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%8C%E5%90%8D

「アイヌ政策のあり方に関する有識者懇談会」
http://www014.upp.so-net.ne.jp/senku/10-2ainu.html

【長崎朝鮮人の碑、建立の秘話】

  • 2014.09.13 Saturday
  • 11:04

世の中は、朝日新聞の捏造記事事件で持ちきりですが、久しぶりに少し時間が
あいたので全国の皆様に「長崎爆心地公園の朝鮮人の碑建立 秘話」を云々・・・。

(お暇ならお読み下さい・・・)

 

当追悼碑の設置団体である「朝鮮人の人権を守る会」は、その建立理由について

「GHQが差し押さえていた朝鮮人被爆者の遺骨を納める納骨堂を建設するため、
1968年に朝鮮人組織委員会を結成し募金運動を始めたが、遺骨は着工前に韓国へ
移送されてしまった。そこで、集まった募金をムダにしないため目的を「朝鮮人
原爆追悼碑」の建設へと変更し、その建設に至った。」

と述べている。

 

しかし、そもそも「なぜGHQが遺骨を差し押さえていたか」という理由につい
ては全く触れていない。そこで文献を調べてみると驚く事実が明るみになる。


終戦後、日本各地にいた朝鮮半島出身の日本人(内鮮人)は突然「朝鮮進駐軍」
を名乗り、一般市民への襲撃や強奪、強姦、放火、傷害、殺害などを行い始めた。

 

それら朝鮮人は1945年10月に「在日本朝鮮人連盟(朝連)」の設立を宣言
した。生活協同組合のような活動の反面、
武力による政権の奪取を目論んでいた
日本共産党と共闘し、その尖兵として全国であらゆる騒乱を起こしていた。

記録に残る事件としては、阪神教育事件、本郷事件、浜松事件、新潟日報社襲
事件などがあり、長崎においてもヤミ市の取り締まりで拘束された朝鮮人を奪還

するためとして、約200人が凶器を持って長崎警察署を襲撃、警察官1名を殺害、
10名に重軽傷を負わせた「長崎警察署襲撃事件(1946年)」が有名である。


武器を持たず、効果的な取り締まりができなかった警察は、任侠組織を使って
対抗したという記録が残る。

それらの行為によりGHQは「朝連」を日本国内の治安を乱す「破壊活動を行う暴
力主義的団体現在でいう破防法)」に指定し、朝連を反政府的組織として完全に
解散させた。
そのため遺骨は没収され、市内の寺に移された・・・。

という説明がすっぽり抜けているのである。

ここまで話すと彼らの自業自得である事がお分かりいただけると思う。

さて、その頃は、北への帰国事業が盛んに行われていた時期である。朝鮮戦争で
荒れ果てた南とは違い、北には日韓併合時代に日本が残した世界最大級の発電量
の豊水ダムや大工業地帯がほとんど無傷で残っており、ソ連の後押しもあって
いち早く復興していた。


帰国事業に関して注目すべきは、北朝鮮へと渡った93,340名(日本人6839名)
ほとんどが半島南部の出身者であったことだ。
朝日新聞なども帰国事業を紙面
賛美し後押していたこともあり、「完全就職・完全生活保護」を謳う北朝鮮を
「地上の楽園」だと信じ
万景峰号に乗船したのである。彼らにとっては楽に暮ら
せれば国籍や、イデオロギーなどどうでもよかったのだ。
一方、韓国側は
そのあまりの人気に危機感をいだき、日本国内での「帰国事業」
を妨害しようと様々な妨害や、爆破テロ未遂事件まで起こしている。


遺骨が韓国側に移送される過程においては「朝鮮人の人権を守る会」が、「遺骨
は渡さない!」と
裁判所に差し止めの仮処分を申請した事がある。
しかし、裁判所は
「朝鮮人の人権を守る会」が「非合法の朝連の活動を代理的に
継続する団体」であると認定し、仮処分を却下したという判例も残っている。

納骨堂に治めるべき遺骨を失った「朝鮮人の人権を守る会」は、その建立目的を
急遽「原爆爆死者追悼碑の建立」に切り替えたのである。


コレが【長崎朝鮮人の碑の建立の秘話】である。



私達は、日本に併合されていた時代の朝鮮半島地方出身者の方々(当時は”日本人”)
が、米国の無差別大量虐殺兵器「原子爆弾」によって亡くなったことは事実であり、
その追悼碑に関して撤去せよと言うつもりはない。


しかし常に彼らは、全世界において常に
「都合が悪い事実・真実を隠し、隙あらば”差別される弱者側”に身を置こうとする」
姿勢を貫き続けており、その卑怯な姿勢は1mmも容認すべきではない。

彼らが常に被害者であろうとする
証拠が平和公園内の「案内板」に現れている。


「武力で植民地にされ、自由や土地が奪われ、差別を受け、強制連行、強制労働を
 させられた。」

このような一方的な内容の「説明板」を毎日多くの外国人観光客や修学旅行生に
見せつけるのである。

歴史とは「川の両対岸から中洲を見るようなもの」であるからこそ、その取り扱い
には慎重に慎重を期さねばならないはずであるが、その
案内板の設置を許可をした
長崎市は「無責任」と強く断罪されるべき愚かな市政を行っている。

 

長崎市の要職に立つものは、それらの建立物に対して、申請団体の経歴や、主張す
る事実の有無に関してもっと歴史を学び、、
彼らが建立しようとする政治的な意図、
そして未来の子供たちに与える影響を見抜く「慧眼」を持って徹底的に再検証し
直していただきたいと強く願うものである。
 



 


【平和公園にたむろする語り部問題】

  • 2014.09.04 Thursday
  • 14:09

原爆の悲惨な状況を後世に伝えることは大切だ。
でも、長崎の平和公園にたむろする語り部は「大東亜戦争」の事を
何も知らない。

語り部は米国側からみた戦争史観である「太平洋戦争」を学び、

GHQのWGIP(ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム)

をそのまま修学旅行生や観光客に話している。

 

語り部は


「私の家族は原爆でみんな死に、私も死の淵をさまよった。ヒロシマ、
ナガサキの悲劇は、日本が、中国への侵略、南京大虐殺、宣戦布告なし
の真珠湾攻撃、アジアへの侵略、朝鮮人、中国人の強制連行、従軍慰安
婦などの人権蹂躙をやったからであり諸悪の根源はすべて ”日本” にある。
米国の原爆投下によってようやくその侵略戦争が終わったのだ。」

日本が集団的自衛権を行使できるようになれば、きっと戦争が始まる。
徴兵制になってみんな戦争に行かされる。」

と平気でのたまう。

 

もし、あなたが平和公園に行く機会があれば「語り部」に聞いてみて
ほしい。
 

「日本が東南アジアの独立国を侵略し、蹂躙し、人々を殺戮したのか?」
「米国が過去に一度でも攻撃の前に宣戦布告をしたことがあるのか?」
「南京大虐殺で虐殺された34万人分の骨はどこにあるのか?」
「原爆投下による非戦闘員への無差別大量殺戮は合法なのか?」
「日本を除く全世界共通の ”戦争と平和の定義” を知っているか?」
 

私がこんな質問をぶつけた時、語り部はこう答えた。
「難しかことはようわからん。」

質問の時点ですでに思考が停止してしまっているらしい。
よくわからないのなら、人に説明する資格は無い。


 

語り部は原爆の悲惨な状況を伝える証人であるが「被爆者」の名の
もとに、一方的な歴史観、戦争観を伝えるべきではない。

語り部は「米国が投下した原爆の悲惨な惨状」を伝えるのが使命であり、
悪戯に政治的な発言や、子供たちに不安と恐怖を与えるような話をする
べきではないのだ。


 

しかし、おかしいのは「語り部」だけじゃない。
写真は、長崎市の建物に入る被爆者団体の声明文だが、

「再び被爆者を作らないとの決意を込め、核兵器廃絶を誓い、被爆者に謝罪し、

償いをすること。原爆被害は国の責任であり、償うのは当然だ。
長崎を最後に核兵器の使用を阻止してきたのは日本と世界の世論だ。」

と、なんともはやトンチンカンなロジックである。

 

その文章を読んだとき、
「すべての被爆者団体のあり方を、もう一度考えなおす必要がある」
と感じるのは「私だけ」ではないはずである。






 

【半島では仲悪い?でも日本では?】

  • 2014.09.02 Tuesday
  • 14:57

先日、長崎のサヨクの巣窟「岡まさはる記念館」で「ある集会」があった。

主催者は朝鮮人の人権を守る会の代表「高實氏」。
招かれたのは韓国の政府機関「対日抗争期強制動員被害調査および
国外強制動員犠牲者等支援委員会」の許光茂(ホガンム)氏。


歩いで50mほどの朝鮮総連かにある「岡まさはる記念館」に
南朝鮮の政府機関関係者が来ての「講演会」。
おそらく、会の初めには「画期的、歴史的な講演会」と自画自賛したに違いない。

講演会では
「長崎への強制動員は半島北部からが多かったということを
 証言を元に分析、報告した」

とあるが、その内容は新聞の記事を見てもよくわからない。
おそらく記者も内容をよくわかっていないのに違いない。
「よくこんな内容で報道するなぁ」と思う。
 
戦後の混乱期で、朝鮮人にとっては北も南もなく、勝手に国籍を移動したり、
日本に不法に居座ったりした彼らの証言を研究してもなんの意味があるのか? 

当時の彼らの考え方は
一様に「どの国籍を選べば一番得をするか?」である。
大島渚監督の「忘れられた皇軍」を見ればその証言が出てくる。


そもそも「当時日本人であった朝鮮人」に対して「強制連行」という言葉が
正しいのかどうかを検証すべきであろう。
国家の存亡をかけた戦争遂行時の国家総動員体制における「徴用」が「強制労働」
というならば、国民1億が総じて強制連行されたことになる。
 

「お金がほしいほしい」と被害者になろうと「後出しジャンケン」ばかりを
するのは見苦しいと思うのです。

さらに講演会の目的については

「両国が理解し合い、真の友好を深めるため活動している。
 日本を批判するためではない。」

というが、許氏の所属する韓国政府直属の団体こそ従軍慰安婦像
を世界に向け
建立し、歴史の捏造を行い日本を貶めている悪名高い韓国の政府機関。
保留されたままである韓国人の碑の建立申請においても、あれだけ恨みつらみを
並べた碑文を提出しておきながら、この期に及んで「真の友好を深めるため」
という言葉は詭弁であり、全くの見当違いである。
 
特亜三カ国の「友好」とは「彼らの主張をすべて認めること」からスタートする。
その次は「永遠の謝罪と賠償」である。

彼らの言うことを額面通りに受け取るわけにはゆかない。

我国の正しい歴史認識が浸透してきつつある今、韓国人の碑の建立を巡って、
北と南がタッグを組んで来た一生懸命の姿が垣間見えます。

今年の8.9の追悼式にも来て挨拶をしていた許氏は、
「過去に韓国人が合祀を断られた」という(初耳)朝鮮人の碑の前で、
しかも、韓国が日本国内でテロを企画してまで止めようとした
「北への帰還事業の記念碑」の前に立ち、堂々とスピーチをする許氏・・・。

あ〜あ、何やってんだかこの人たち・・・。www

所詮、この人達には「事大主義」。そして「ご都合主義」しかないのです。

韓国人の追悼碑の建立、許すまじ・・・。

【韓国人原爆追悼碑の建立計画は次のステージへ!】

  • 2014.08.19 Tuesday
  • 14:16
【韓国人原爆追悼碑の建立計画は次のステージへ!】

「韓国人の原爆追悼碑などという反日碑は建てさせてなるものか!」
という皆様の抗議によって、8/15の光復節までの建立はなんとか
阻止できましたが、建立計画は次のステージへ動こうとしています。


「場所と、高さと、碑文を変えればいいだろう?」
という姑息な計画が持ち上がっています。


いやいやそんな問題じゃないってば・・・。



電凸、凸FAX、凸メール用のひな形を作り私は本日FAXしました。
自由に変更して構いませんので、「許せん!」という方は
いずれかの方法で長崎市に抗議をお願いします。



以下本文↓

田上市長 殿

韓国人の原爆追悼碑建設に対する反対意見


7/29の韓国人原爆追悼碑建立に関する市長の発言内容について強く反論します。

長崎市の平和公園に韓国人原爆犠牲者慰霊碑の建立計画を巡り、田上富久市長は29日の記者会見で「ふさわしい形の慰霊碑が設置できるように調整を進め、話がまとまれば前に進むと思う」と語った。http://www.yomiuri.co.jp/national/20140730-OYT1T50049.html …


【純然たる世界標準の歴史的事実を踏まえ、反対意見を述べます。】

1910年(明治43年)8月22日に、韓国併合条約が漢城で寺内正毅統監と李完用首相により調印され、大日本帝国は大韓帝国を併合し、その領土であった朝鮮半島を領有しました。
併合にあたっては、二国間の合意の上であり、どの国からも異論が出が出ないどころか、世界中から祝福された完璧な併合でした。それまでの朝鮮人は日本人となり、医療、教育、参政権などの恩恵を平等に受領し、 朝鮮内地においては日本人よりも良い待遇、特権も与えられました。
(米価の逆ざや政策、学費の軽減、医療費の軽減など。政治家や警察官の80%以上は朝鮮人でした。)

 さて、この事実を踏まえ、アメリカが落とした原爆で「朝鮮半島地方出身の日本人」が直接被爆し死亡したという事実はありますが、終戦3年後の1948年にGHQの軍政下、主権がない日本において「米国の思惑により独立が認められた”大韓民国”という新しく出来た国の国民=韓国人」が原爆の直接被爆で死んだという事実は絶対にありません。もし、日本国が唯一認めている朝鮮半島の国家が大韓民国であるという理由ならば、承認していない国の「朝鮮人の碑」は撤去されねばならない事になります。

 長崎県
民団の代表者が、朝日新聞の記者に語った建立理由は「韓国人観光客が、”朝鮮人の碑=北朝鮮人の碑” だと勘違いするから、それを防ぐため建立しなければならない。」というものです。

そのような勝手な理由で建てる碑は、形を変えても、碑文を変えても、場所を変えても全く意味がなく、世界の観光客の目に触れる公共の土地にはまったくふさわしくありません。

田上市長は、民団と交わした口約束を守ることと、歴史の捏造に加担し、長崎の未来の子供たちに重すぎる禍根を残すことのどちらが大事なのでしょうか?

私達は即刻、この建立計画の廃止されることを強く希望し、計画が廃止されるまでその運動を継続することを宣言します。

                          お名前



宛先

長崎市秘書課(田上市長・岡田副市長あて)
 住所    〒850-8685 長崎市桜町2-22(本館3階)
 電話番号  095-829-1110
 FAX番号  095-829-1220
 メール   hisho@city.nagasaki.lg.jp

長崎市みどりの課(岩永課長あて)
 所在地 〒850-0028 長崎市桜町6-3(別館4階)
 電話番号    095-829-1171
 ファクス番号  095-829-1235
 メール midorinoka@city.nagasaki.lg.jp

長崎市市民局原爆被爆対策部 調査課(鳥巣調査課長あて)
 所在地 〒850-0028 長崎市桜町2-22
 電話番号    095-829-1147
 ファクス番号  095-829-1148
 メール chousa@city.nagasaki.lg.jp

【慰安婦だった大伯母】

  • 2014.08.18 Monday
  • 16:00

私の父の姉、大伯母は慰安婦でした。


この話は、30年以上前に大叔母と法事で京都で会うときに

兄から聞かされた話です。

写真では見ていた大伯母は、幼いころのわたしを知っているらしく

とても喜んでくださいました。

京都の料亭で水炊きを食べながら、大伯母は、たばこをスパスパふか

し、切符がいい言葉で話します。話の端々に父のことが出てきますが、

可愛い弟をイジってるという感じで、私には悪意のひとつも感じること

ができませんでした。


父にしてみれば、いつまでも子供扱いする大伯母が疎ましかったのかも

しれません。

当時、貧しい農家の長女は身売りをするのが当たり前の時代でした。

大伯母も単身、奉天に渡り両親と兄弟の経済的な面倒を見たのです。

「当時はそれが当たり前であり、人権蹂躙でも何でもなかった。」

ことを、しっかりと知っておかねばなりません。

 

私は、もうひとつ特殊な境遇があります。

母の実家は唐津の呼子で「平戸屋」という遊郭を経営していました。

私は期せずして雇う側、雇われる側の話を聞いています。

母は12人兄弟でした。女学校に通う母より少し年上の女の子がお客を
とっている姿が一番いやだった。と言っていました。
ある日、TVを見ていると、「あ〜!◯◯ちゃんだ!」と母が声を上げ
ました。当時、仲良くしていた女郎さんがTVに写っていたのです。
「元気にしていた〜。よかった〜。」と涙ぐんでいました。

私は雇う側と雇われる側の両方から話を聞いた結論として、


「慰安婦(女郎)は居たけど、従軍慰安婦なんてどこにもいなかった。

 日本軍の仕事は戦争であり、慰安婦を際限なく増やすことではない。

 慰安施設というのは、兵隊が現地の女性に暴行を働かないようにする

 ため、そして軍規をきちんと守らせるために存在した。

 軍は運営、経営に直接関与したことはなく、業者が連れてきた出所不明

 の慰安婦を介しての病気の蔓延などを防ぐために健康衛生管理を行った。」

コレが真実です。
 

そもそも、日本には古くからある「廓」という施設は、武士が町人娘を

襲わないように、身分の違いによる間違いが起きないように工夫した

知恵でした。花街は、欧米の売春宿等とは違い、そのものが粋な社交場

であり、情報交換の場だったのです。

終戦直後の日本人難民に対するロシア人、中国人、朝鮮人が日本人女性

に対して行った陵辱と虐殺は目に余るものがあります。

しかし、日本が東南アジアの宗主国と戦った東南アジアではどうでしょう?

目立って強姦や殺害が行われていない事がその証拠です。
ライタイハンのように、日本人の混血の子供が現地に残されて社会問題化
することが果たしてあったでしょうか?

日本軍は軍規が一番厳しい軍隊として有名であり、皇軍として恥ずかしい

行いはしないよう徹底的に教えこまれていたのです。

 

田上市長の思惑「場所を変えてでも韓国人慰霊碑を!」

  • 2014.08.13 Wednesday
  • 09:17
長崎市の平和公園に建立が計画されている「韓国人原爆被爆者追悼碑」に
関して、田上市長が「場所を変えてでも建立を」と構想していることが
判明しました。

市長には
「終戦後にできた韓国の国民が原爆で直接死んだということは歴史上ありえ
 ない。長崎市が歴史を捏造し後世に禍根を残すことは許されない。」

再三にわたり伝達しているが、その意味を全く理解していない田上氏。

誠に失礼ながら「ちいっと ”ぽいのす” じゃなかろか?」と思います。
(長崎弁で少し知恵が足らない人)

場所を変えても、公共の土地であるかぎり、ならぬものはならぬのです。

ここに来て民団は、今まで反目していた朝鮮総連との連携を強めてでも
追悼碑の建立を推進させたいという、なに振り構わぬ態度を表明してきました。

朝鮮人原爆追悼式で、韓国の国家機関である「対日抗争期強制動員被害
調査及び国外強制動員犠牲者等支援委員会」の人間がスピーチをする
事態にまで発展しています。

民団は知らないでしょうが、「朝鮮人の人権を守る会」高實(たかざね)氏は
朝日新聞社の記者に「協力は難しい」とこそっと漏らしているのです。

「北の狐」と「南の狸」の化かし合い(バカ試合?)を長崎でやって
いただきたくはありません。

全国の皆さんが寄せてくださっている抗議は確実にボディブローとして
確実に効いています。

おかげさまで8/15(光復節)の韓国人の碑の建立はほぼ100%回避でき
たと断言できます。建設に間に合いません。本当に有難うございます。

しかし、原爆対策課調査課は今現在も碑文の精査を続けていることは
まだ「建立を諦めていない」ということです。

今後ともよろしくお願いします。m(_ _)m

写真1,朝鮮人の人権を守る会 高實氏
写真2、「対日抗争期強制動員被害調査及び国外強制動員犠牲者等
     支援委員会」から派遣されてきた研究員。


 

PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

イベント・催し情報

6/28・29 慰安婦パネル展 長崎市図書館2階研修室 

ご寄付のお願い

ゆうちょ銀行       記号 17680       番号 24150961      名義 敷島の風

他の銀行から

店名 七六八       店番 768        口座 241509       名義 敷島の風 

朝鮮人の碑説明板撤去 Org署名のお願い

長崎市長へ1万人直訴運動! 長崎爆心地公園公有地にある「爆心地公園周辺の朝鮮人原爆爆死者追悼碑の「説明板」の撤去を求める」署名にご協力ください。1万人を目標に集め市長に直訴します。是非ご協力を!  http://www.change.org/ja/キャンペーン/田上長崎市長-爆心地公園周辺の朝鮮人原爆爆死者追悼碑の-説明板-の撤去を求めます-2

韓国人原爆追悼碑建設反対Org署名のお願い

長崎の韓国人原爆追悼碑に関して、市は「今後も民団と協議を続ける」というスタンスを崩しておらず、一瞬も油断ができません。org署名にご賛同・拡散ください。 http://www.change.org/ja/キャンペーン/長崎市長-田上富久殿-長崎平和公園の-韓国人原爆犠牲者追悼碑-の建立に強く反対します

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM