スポンサーサイト

  • 2017.07.10 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    映画「軍艦島」対策マニュアル

    • 2017.06.23 Friday
    • 10:59

    映画「軍艦島」の放映が7月に始まります。

     

    現在、映画「軍艦島」の予告編はyoutubeに53,400件上がっています。

    ここまで来ると、大きな資本を投入してのキャンペーンを張っているとしか考えられません。

     

    中にはこんなコメントもあります。

    「私のおじいさんは静岡阿蘇の炭鉱で働いていました。」

    600Km離れてんですよ・・・。

    南朝鮮人が、何の知識もなく嘘をついてることは明らかです。

     

    草の根の活動になりますが、軍艦島の誹謗中傷には、軍艦島の真実の話を世界に

    拡散するのが効果的だといえるでしょう。

    軍艦島の真実を纏めてみました。南朝鮮人の嘘を見かけたら、そっと閉じずに

    反論してください。

     

    英語は自動翻訳です。表現がおかしかったら訂正をご指導ください。

     

    <本文その1>

    映画「戦艦島」は朝鮮人の捏造映画です。朝鮮人が勝手に作った物語です。

    非常に悪質な捏造映画です。

    軍艦島で朝鮮人が暴動を起こした記録はない。軍艦島には銃痕も爆発の痕跡もない。

    島で銃撃戦は一度もなかった。

    当時朝鮮人は、自由渡航または密航で日本に渡ってきた。炭鉱は給料も高く人気の

    職種だった。日本の炭鉱で経験を積んだ朝鮮人は特級炭鉱技師・1級炭鉱技師として

    優遇された。彼らの給料は一般の日本人より高かった。石炭を運ぶ炭鉱労働者の給料

    は仕事量に比例した。

    軍艦島では1年間に40万トンの石炭を掘った。一日あたり1100トンである。

    機械化された近代的な炭鉱であった。彼らは裸で掘らなかった。

    彼らは低い体勢で掘らなかった。映画の表現はまったくの捏造である。
    軍艦島には朝鮮人専用の売春宿もあった。食堂も、カジノもあった。

    生活に必要なものはなんでも揃っていた。

    彼らは正月には朝鮮に帰り、また戻ってきた。

    彼らは給料が良いから戻ってきたのだ。彼らは家族も呼び寄せた。

    旅費は会社が出した。

    2年間の契約労働だった。契約を3回更新し、表彰された朝鮮人もいる。

    軍艦島の真の姿は、この朝鮮人の映画では知ることができない。

    朝鮮人は悪意のある映画を作って歴史を歪曲しようとしている。

    朝鮮人は本当の軍艦島の歴史を知らない。被害妄想が強すぎる。

    朝鮮人は嘘つきである。

     

    島の元住民はとても悲しんでいます。

     

    The movie 'Battleship Island' is a fabricated historical movie made by Koreans. It is a story that

    Koreans made up. It is a very maliciously made film.

    There is no record of a riot by Korean people on Battleship Island. There are no guns or traces of explosions on Battleship Island.

    There was never a gun battle on the island.

    At the time reflected in the movie, Koreans came to Japan on their own free will as passengers or stowaways.

    Working in a coal mine was a popular job with a high salary.

    Koreans who had a lot of experience working in Japanese coal mines were given preferential treatment as special-class or first-class coal mining engineers.

    Their salary was higher than that of ordinary Japanese workers.

    Salaries of coal miners carrying coal were proportional to their workload.

    On Battleship Island , 400,000 tons of coal was dug in a year. 

    That is 1,100 tons per day. 

    It was a mechanized modern coal mine.

     

    They did not dig naked. 

    They did not dig using a low posture. 

    The depiction of the story in the movie is a complete fabrication.

     

    There was also a brothel for exclusive use by Koreans on Battleship Island.

    There was also a cafeteria and a casino.

    Everything needed for life was available.

    Workers returned to Korea for the New Year then returned to Japan.

    They came back because they had good salaries. 

    They also brought their families. 

    The company covered some travel expenses.

    It was contract work for a two-year period.

    There are also Koreans who renewed the contract 3 times and received an award.

    The true image of Battleship Island cannot be discerned from this Korean movie.

    Koreans are trying to distort history by making malicious movies.



    Koreans do not know the history of the real Battleship Island. Their persecution complex is too strong.


    People who lived on the island are very sad.

     

     

    <その2>

    地下1000mの炭鉱で石炭を掘ることは高い技術が必要。炭鉱の掘削は素人では不可能だ。

    それを行ったのが「先山」と言われる炭鉱技術者。(特級炭鉱士・1級炭鉱士)

    3交代制のグループのリーダーでもあった。朝鮮人の先山もいた。彼らはリーダーとして

    日本人を指揮した。

    石炭を集め運ぶだけの炭鉱労働者(2級・3級炭鉱夫)もいた。

    彼らは「朝鮮人のスカウトマン」に誘われて炭鉱に送り込まれた。

    「朝鮮人のスカウトマン」は、誘う時に豪華な飲食をさせ女を抱かせたが、

    その金はすでに借金として計上されていた。

    炭鉱労働者の管理は「吉田納屋(人材派遣会社・宿泊所)」が行った。

    経営者は「朝鮮人」。売春宿も賭博場も食堂も経営した。給料の管理もした。

    朝鮮人炭鉱労働者が働かないと、借金の返済ができず、吉田屋も儲からないので、

    どんなことがあっても入坑させた。強引な労働管理を行っていたのは朝鮮人の労働管理者。

    電線ケーブルで殴り、むりやり働かせていた。時にはやりすぎて怪我をさせたり殺したりした。

    その暴力が嫌で、逃げ出す朝鮮人はたくさんいた。

    朝鮮人はプライドが高い。(高すぎる。)批判されたり怒られたら「恨み」を

    持って仕返しをした。労働管理において日本人が朝鮮人に手を出したら、

    大変なことになっていた。炭鉱内での喧嘩などが発生すれば多くの人命を危険に

    さらすことになった。坑内では安定操業のために、みなが仲良く助け合う事が必要とされた。

     

    Digging coal with 1000 m coal mine underground requires high technology.

    Drilling of coal mines is impossible with amateurs. A coal mine engineer

    who said that it is said to be "Sakiyama". (Special grade coal miner,

    first grade coal miner) It was also the leader of the group of three shift system.

    Excellent "sakiyama of Koreans" also existed. They commanded the Japanese as a leader.

     

    Some coal miners (2nd and 3rd grade workers) enough to collect and carry coal.

    They were invited by "scout man of Koreans" and sent to the coal mine.

    "Korean scout man" made gorgeous eating and drinking at the time of invitation

    and embraced the woman, but the money was already recorded as debt.

     

    Management of coal miners was done by "Yoshida Naya (temporary staffing

    company / accommodation)". The manager is "Koreans". Both the brothel,

    the gaming hall and the cafeteria operated. "Koreans who name Yoshida"

    also managed workers' paychecks.

     

    If the Korean coal miners did not work, they could not repay their debts and

    "Yoshida Barn" would not be profitable, so I forced them to work. It was the

    labor manager of the Koreans who was performing aggressive labor management.

    He was hit by a wire cable, forced to work. They sometimes overdoed and injured

    or killed. Korean workers hated violence and ran away a lot.

     

    Koreans have high pride. (Too expensive.) Koreans had feelings of "grudge" when

    criticized or angered by Japanese. If a fight in a coal mine occurs, it has

    endangered a lot of human lives. It was necessary for everyone to make friends

    and help each other for stable operation inside the pit.

     

    スポンサーサイト

    • 2017.07.10 Monday
    • 10:59
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << September 2017 >>

      イベント・催し情報

      6/28・29 慰安婦パネル展 長崎市図書館2階研修室 

      ご寄付のお願い

      ゆうちょ銀行       記号 17680       番号 24150961      名義 敷島の風

      他の銀行から

      店名 七六八       店番 768        口座 241509       名義 敷島の風 

      朝鮮人の碑説明板撤去 Org署名のお願い

      長崎市長へ1万人直訴運動! 長崎爆心地公園公有地にある「爆心地公園周辺の朝鮮人原爆爆死者追悼碑の「説明板」の撤去を求める」署名にご協力ください。1万人を目標に集め市長に直訴します。是非ご協力を!  http://www.change.org/ja/キャンペーン/田上長崎市長-爆心地公園周辺の朝鮮人原爆爆死者追悼碑の-説明板-の撤去を求めます-2

      韓国人原爆追悼碑建設反対Org署名のお願い

      長崎の韓国人原爆追悼碑に関して、市は「今後も民団と協議を続ける」というスタンスを崩しておらず、一瞬も油断ができません。org署名にご賛同・拡散ください。 http://www.change.org/ja/キャンペーン/長崎市長-田上富久殿-長崎平和公園の-韓国人原爆犠牲者追悼碑-の建立に強く反対します

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM